Kazaguruma

かざぐるまデモ

福島原発事故12周年・かざぐるまデモ:放射能の危険はごめんだ ‐ 原発からも核爆弾からも

フクシマから 12 年
かざぐるまデモ 2022 in Berlin

日時: 2023年 3 月 11 日 (土),12 時より
場所: ブランデンブルグ門前 (Pariser Platz) Berlin

福島原発事故12周年・かざぐるまデモ:放射能の危険はごめんだ ‐ 原発からも核爆弾からも

ドイツの脱原発が最後の原子炉停止を目の前に延期されることになろうとはだれが想像したでしょうか、それも緑の党が政権に加わっているときに! 原発の運転続行がエネルギー危機の解決とでもあるかのように謳う風潮が急激に広がりました。核保有国・原子力大国であるフランスでは、稼働するはずの原発の半分しか運転できない状態が続き、原子力エネルギーがどんなに信頼できないものであるかを証明しています。この議論では、原発がどのような安全リスクを生みかねないか、なぜフクシマ原発事故後、ドイツで脱原発が決定されたのかが不思議なほどに忘れられています。

2023年4月半ばまで現在残っている原子炉はいわゆる「Streckbetrieb」(使っている燃料棒を能力を押さえながら長持ちさせて延長して使う)で運転されることになっています。推進派は、原子力エネルギーによりエネルギー独立が可能かのように言っていますが、燃料棒を作るためにEUではウランの多くがロシアから輸入されている事実に目を閉じています。原子力ロビーは原子力セクターをEUの制裁から外させることに見事に成功しているのです。

ロシアのウクライナ侵攻により核の脅威がいかに現実的なものであるかがはっきりしました。これまで軍縮を支持してきた人たちの多くが突然、核抑止、核の傘下にあることの重要性を謳い始めています。

ウクライナでの戦争でもう一つのことが明らかになりました。それは原発が軍事作戦の攻撃目標になるという事実です。ヨーロッパ最大級のサポリージャ原発は何度も攻撃され、非常用のディーゼルジェネレーターで給電されていることが何度もありました。電気供給が断ち切られるだけで、フクシマのような過酷事故が起き得るのです。

核の連鎖反応や放射線には、味方と敵の間の境界線を見分けることができません。同じ技術が軍事的または「平和」的に利用されようが、区別はありません。安全で気候正義な解決法はただ、できるだけ早く徹底して再生可能エネルギーを世界中で広めていくことだけです。

ですから一緒に求めましょう:

• ドイツでこれ以上原発の運転期間を延長しない

• 無責任な原子力エネルギーからの世界規模での撤退

• リンゲンとグローナウの核施設の即刻停止

• 原子力エネルギーを持続可能エネルギーと分類するEUタクソノミーからの削除

• EURATOM欧州原子力共同体協定の解約

• フクシマであろうと世界のどこであろうと、放射能汚染水を海洋放出しない



かざぐるまデモ Facebook ページ

Kazaguruma demo poster 2022






過去のイベント

Protestival 2016 : Nuclear, Democracy and Beyond

Protestival 2016 PV Version D (Youtube)

2015年のデモのドキュメンタリー映画

2015年のデモのドキュメンタリー映画(Youtube)

2014年のデモの様子 (PressTV)

2014年のデモの様子(Youtube)

Links


PAGE TOP